こんにちは!ジュディです。

youtubeでドビュッシーを聞いていたら、突然次の曲の頭にCMが入っていたので、めっちゃビビりました(笑)
まぁ、そういうメディアなので文句は言えません。
でも、一種の汚染ですね。( ̄ー ̄;

さて、気を取り直して今日もご質問から。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ブログもメルマガも熟読しております。テキストは、購入を悩んでいます。

というのも、私の状況がかなり特殊なのではないかと思い、購入しても参考にならないのではないかと…
ジュディさんのブログに出会う前に購入してしまったテキストも、なんだか的外れで、結局放置してしまっている状態です。

—–

もう一度信じようと思うのですが、信じかけた矢先の2度目の発覚に、またやるんじゃないか、そのときはもう、私が耐えられないんじゃないかと怯えています。

—–

やはり彼はもう私を女として見られないのでしょうか…そう考えてしまって苦しくなります。
こんな私でも、ジュディさんのテキストを読んだら変われますか?彼の行動を詮索せず、適度にほったらかしにできるようになりますか?

自分のことばかりで、彼のことを考えてあげられない…でもまた傷つくのはイヤ…どうしたらよいかわからなくなります。
長文申し訳ありません。読んでいただければ幸いです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

「もちろん変われますよ!」
と言いたいところですが(笑)

自分が変わることって、自分にしかできないし、先のことは今は分からないものです。
タイミングもあります。
でもジュディのテキストの存在に気付いたってことは、今そのタイミングが来たということなのかもしれません。

変われないのには、いくつか理由があります。

まず、変わることに対して、恐怖(期待)が大きすぎる時。
次に、変わると都合が悪い時。
そして、変わらないでいることが、自分を守る方法になっている時。
また、変われない理由だけをあげつらっている時
です。

変わることに対して、恐怖(期待)が大きすぎる時というのは、本能的な物なので、なかなか越えられないんですね。

未知のものって、一か八かみたいな、ギャンブル性もあります。
失敗が怖いタイプは、これが理由です。

これを乗り越えるには、もう「えいっ!」と、やるしかない。
失敗しても、自己責任だと思えるかどうかですね。

変わると都合が悪い時というのは、状況がどうであれ、とにかく今のままが一番いいと、納得(思い込んで)しているとき。

私なんてこんなもの。こういうのがお似合い。と、思っているってことです。

これも信念として、なかなか打ち破れないもの。

どんなにひどい扱いをされても、もう嫌だ、逃げたい、と思っても、どこか心の奥で納得している、諦めている、むしろそれがいい、そうじゃなきゃ困るのです。

これは、自己愛とか、自尊心が関係しているので、そこを直していくのがいいのです。

そして変わらないでいることが、自分を守る方法になっている時。

これはもう、文字通り、相手をコントロールしているのをやめられないか、防御の姿勢です。

誰かのマニュアルや、ジュディのテキストを読んでも変われないのは、「こんなことで簡単に変わってたまるか」と自分を守っているのです。

このほかにもいろんなパターンがあるとは思いますが、変わるのはやはり自分の意識の問題。

変わるきっかけなんて、どんなマニュアルを買っても同じ。

変わっても良いという許可を自分におろすことが、変わる・変わらないを選択できるようになる鍵です。

そして、本気ならば(本当に困っているならば)変われない理由をあれこれ思い悩むのではなく、変われそうだと思えることに意識が向くはずです。

マニュアルやテキストは、そのほんの一部、変化することへの下準備を手伝うもの。
今は自分とコミュニケーションするときなのでしょうね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから