こんにちは!ジュディです。

毎日雨ですね。
気温も低く、冷えます。

でも、娘と一緒にガリガリくんを食べてしまいます(笑)
アイスは別みたいです。

さてそんな小さな矛盾はさておき、今日もメッセージをご紹介します。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジュディさま

無料メールセミナー、テキスト、ブログ読ませて頂きました。
今の気持ちは、やっとたどり着いた。やっと体験できた。です!

私は、実はバツ2です。
それぞれの元夫に子供が1人づついます。
今は未入籍の彼と、一人目の元夫との子供と3人で暮らしています。

しかし、前夫との子供は、手離してしまいました。
私は、そのことをずっと悔やみ、そして自分を攻め続けていました。

二回も離婚したうえに、子供まで手離した。最低の女だ。と

今の彼とは、息子との関係も良好で、私もそれが微笑ましいと思ってます。
今の生活は私にとってかけがえのない日々になっていました。

しかし、いつも心の中にある罪悪感と不安感。そしてどんなに頑張っても補うことの出来ない欠乏感…

彼は私を最高のパートナーだ。
俺の理想だといつも言ってくれます。

でも時々、私に隠し事をしたり、嘘をついたりしていました。
あんな事いいながら、どうして嘘ついたりするの?私は、そんな嘘に騙されるようなバカじゃない!と、私も携帯を見たり、鞄をチェックしたり、そして証拠を見つけては、彼を責めて、喧嘩ばかりで…

何年も前から読みあさっている、自己啓発、スピリチュアル、心理学などの本、いろんな方のブログ。

知識だけが膨れ上がり、でも知れば知るほど心は辛くなって…
まったく行動が伴いません。

彼の言葉にふさわしいパートナーになるためには、もっと頑張らないと、いろいろガマンしないと…
また失敗してしまう。
そんな恐怖に怯えていくようになりました。

もう喧嘩も疲れてきたこの頃、帰りが遅くても、表面的な愛情表現にも、過剰な反応は抑え、黙々と日々を送っていってたのですが、最近は止めていた携帯をつい見てしまったのです。そこには女子社員へのメールが…

あっ…しまった。何で見ちゃったんだろう…後悔したけど遅かった。
身体は震え力が抜けて、怒りがこみ上げてきて。

どうしよう。もうやだ。
彼に依存している自分がイヤだ。
どうしたらいい?
藁をも掴む思いで、ネットを検索しました。
その時目についたのがジュディさんのブログだったのです。

ひとつ読んで、またひとつ…一気に全部読んでしまいました。
そしてテキストを注文するのに、迷いはありませんでした。
私変わりたい。この人のように!

テキストが送信され、コレも一気に読みました。
目からはポロポロ鱗が

そうだったんだ。
私、頑張りすぎて、拗ねまくって彼の本当の気持ちを全然受け取ってなかったんだ。

過去の私にも、いっぱい誤りました。気づかなくてごめんなさい。
私は、幸せだった。

今はまだ、体験の途中ですが、腑に落ちるってこんなことかとわかりました。

すると、胸のザワザワやモヤモヤが、スーッと晴れるのがわかりました。

今の私が、幸せなら、過去の可哀想だった私も、悲しかった私も、つらかった私も、怒ってた私も、全部幸せなんだなって。

そしてこれからも、モチロン幸せなんだって。

まだ課題はでてくるでしょう。
目に見えるもの、見えないもの。

でも、一つづつ向き合っていく自信がつきました。
私は私が思っている以上に、素敵ですばらしいんだって、初めて思えました。

ジュディさん。
本当にありがとうございました。

ありのままの自分を受け入れ、振り回されない私になります。

私の未来はキラキラです。
この素晴らしい気持ち、ぜひみんなに味わってもらいたい。
みんなが心からの笑顔でいられますように。

わたし、只今【スマイルキャンペーン中】です。
彼にも、息子にも話しかけるときはスマイルしてます。0円だしね(笑)

とても長文になってしまってごめんなさい。
読んで頂いてありがとうございました。
これからのご活躍も楽しみにしています。

Aより

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Aさん ありがとうございます。

そうか~。
「被害者」になっていたのですね。
でも今は、そんなふうに自分を改めて知ることができて、本当に良かったですね。

まだ疑念が晴れない、まだパートナーが怪しい、嘘をつく。
そんな思いを抱いているときって、「被害者」という立場に自ら居るとき。

自分を「憐れんでいる」ときって、「酔う」ものです。

その「酔い」から覚める時、運命は本当に動き出すのかもしれませんね。

わたしもかつては、パートナーの行動と自分の感情がごちゃごちゃになっていて、そこにどっぷりと浸かっていました。

「なんで?どうして?」

と、そこの一点から動こうとしなかった。

自分も相手も断罪するための「獲物」になっていました。

でもね、勇気を出して動き出したら、問題はそこじゃなかった。
問題なんて無かった。

自分が動き出す理由を求めていただけだったのかもしれません。

もちろん、そこに至るまでは辛かったです。

でも、自分の中の光を見ることで、「考えること」ではなく、「感じること」で解決していきました。

「私」で生きること。
これを体現したかったのです。

そうすれば、もう、不安は消えていきます。

お子さんだって、もっと信頼してほしいはず。

離れていても、きっと幸せになれると信頼してあげてください。

「私」のすることに集中して、今を生きること、ですね。
(o^-‘)b

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから