こんにちは、ジュディです。

今日はいただいたメールから。

—–

はじめまして、メルマガやブログ拝見してます、Wと申します。

夫の半年の不倫がわかり(自ら白状してきました)・・・

一週間の期限つきで別居しました。

私に対して、前のような気持ちがもう持てない、彼女とも別れるが離婚もしたいと夫は言います。

離婚したくなかった私はアパートに戻り半年たちました。

初めは冷たかった夫が段々と笑顔が増えて、以前と変わらない風になってきました。
ただ、私のことを名前で呼んでくれません。触れてもきません。
そして未だに彼女と連絡をとってます。

黙って様子をみていましたが、昨日、町で偶然浮気相手の子と会ってしまい、(しかも男の人といたんです)
動転して夫に電話し、連絡とっているのを知っていたが黙っていた。苦しかったし悲しかったと電話で伝えると離婚したいとメールが…

半年、私なりにがんばってきたつもりで夫も徐々に愛情を取り戻し初めてるんだと信じていたのでとてもショックです。
長文、大変失礼しました。どうかアドバイスいただけませんでしょうか?

—–

はい、メールありがとうございます。
ちょっとご主人にインタビューしてみますね。

「こんにちは。どうですか、今のお気持ちは?」

「いやぁ、どうにもこうにも、どうしたらいいか分からなくなっています。」

「そうなんですね。ではご自分ではどうにもできないと?」

「ええ、ただ毎日が何事もなく過ぎて行って欲しいと願うばかりです。」

「奥様は離婚されたくないようですが?」

「ああ、もういいです。好きにしてほしい、そっとして欲しいです。」

「奥様とやり直すことはどうですか?」

「いやもう、きっとダメなのでしょう。受け入れてもらえるとは思えません。」

「では奥様にどんなことをしてもらえれば、考え直せそうですか?」

「もっと大人になってほしいです。」

「大人とは?」

「いちいち動揺しないでどっしりしていてほしいです。」

「それで?やり直せますか?」

「ええ、話を聞いてくれたらと思います。」

「奥様があなたの話を動揺せずに聞くことができるようになれば、あなたは変われますか?」

「ええ、心が通い合うことができれば、自分の弱さと向き合えそうです。」

「そうなんですね。ありがとう。」

—–

これは実は、Wさんのご主人に実際に聞いたわけではなく、「ポジションチェンジ」と呼ばれる
心理療法で聞いてみたのです。
(ジュディのセッションでは、こんな不思議なこともやります。)

イメージでWさんのご主人にインタビューしてみたら、こんな答えが返ってきたんですね。

これは私のイメージの中でのことなので、本当かどうかは分かりません。
でも、なんだかご主人の気持ちがとても良く分かった気がします。

Wさんも、ご主人と心が通い合っていなかったということは、少なからず感じていらっしゃったのかもしれません。

女性側からしてみれば、ご主人がよそのオンナと良い仲になっているなんて、
動揺するなと言う方が無理です。

でもそこに至るまでには、もう少し心通わせることも必要だったのではと。

きっと、「お話しを聞いてあげるだけで解決していく」、そんな感じですね。

ちょっと頑張ってみてね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから