こんにちは!ジュディです。

台風が過ぎ去り、ちょっと体調がいまいち。
天候に左右されるなんて本当に「お天気や」な私です。(苦笑)

さて、今日もお悩みを聞いていきます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

あれから少し落ち着き、今は主人と職場の女の様子を遠くから伺っています。
女が主人に気があるのは確かなので不安は募る一方ですが…

ところで、いまメルマガを、読ませていただいています。
思考、言動については、なんだか少し難しく、私はまだそこの段階まで来ていないんだなと自覚して【意識について】を何度も読み返しています。
感情の下に眠っている本音
が分からずに彷徨っているところです。

わたしの中の不安やさみしさの根本は一体なんなのか。

昔から自己表現は苦手で、自分の感情の隠してきたタイプなのできっとこの答えにたどり着くまでにかなり時間がかかると思います。というか、できる自信がありません。
そこにたどり着くまでのアドバイスがほしいです。私の心の壁を壊すには…

よろしくお願いします。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Tさんありがとうございます。

感情の下の本音を見出そうとされているんですね。

感情の下の本音って、欲求です。どうしたいのか?ですね。

これだという正解ってなかなか出てこないかもしれません。それを知ることは、恐怖のふたを開けるようなものなので。

けれども大きく捉えて、何らかの自己表現をしていけば、いつか「あ、こうしたかったのかも」というものに巡り合えると思います。

そのためにも、「なんとなく」感じている自分の好きな分野をたどっていくといいと思いますよ。

なんとなく好きで、続けているものや、夢中になれるものに没頭してみてください。

わたしも、「楽しみたかった」というなんとも大雑把でシンプルな心の奥の本音に出会えるまで、できるかどうかなんてわかりませんでしたよ。
なにもわからなくても、好きなことという羅針盤があれば、ちゃんと迷路から抜け出せます。

不安や寂しさというのは、大本は生きるためにあります。

それが長い年月をかけて、そればかりが得意になっちゃったという感じはあります。

不安や寂しさの代わりに、喜びやワクワクもあります。そっちを選んでも実は問題ないのです。慣れていないだけで。

寂しさや不安も自分のために頑張っている(?)のだと思えば、可愛いですよね。

自分のケアを十分に行って、パートナーのケアも気が回るというものです。
恐れずに模索を楽しんでくださいね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから