こんにちは!ジュディです。

清々しい秋晴れですね。週末もいいお天気だといいなぁ。
日曜日は子供の文化祭なんです。

もう高校生なのですが、こんなイベントもあと少しなのかなって思うと、すべてが大事な時間なんだなぁって思えます。
もちろん主人と一緒に行っちゃいますよ♪

では、今日のご質問を聞いていきましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

こんにちは。
Wです。

2月から始まった浮気も、7月に一時的に別れてから、終わりました。
しかし、連絡やSNSではまだ繋がっています。

—–

「不安だよ。信用できないよ。」って訴え続けた結果なんだと感じています。
ここ最近、またジュディさんのブログを読み始めました。
前は分からなかったことも、じんわり染みてきます。

彼がする行動は本当は私にしてほしいことなのかも、私は常識にこだわっていたのかも、未来ばかり見て悲観していたのかも…と。

—–

弱さを見せるのと、寄りかかるのは違うんだなとようやく気づいてきました。

彼の家庭環境は少し複雑で、母子関係も希薄です。
改善の様子はありません。
彼は家庭環境はよくなくて、「逃げてきた」という表現に近いと思います。
それでも、ブログのような旦那様と接し方は同じですか?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Wさんいつもありがとうございます。
だいぶ前のメールですが、お答えしますね。

家庭環境がどうでも、接し方は基本的に同じです。

でも、心の向きはそれぞれ違うので、そこはそれぞれ「観察」が大事になってきます。

彼を良くしてあげたい、どうにかしてあげたいというのは、こちらの都合であって、押し付けは嫌がられるだけですよね。

なので、「こうしなくちゃ」よりは、「今の彼」に注目してください。

そこにはね、「自分が感じる彼」と、「彼そのもの」の二人がいます。

「自分が感じる彼」に振り回されると、わけわからなくなってきます。
なぜかと言うと、それはすなわち「自分」だからです。

でも、「彼そのもの」を見つめれば、現実に則したやり取りが可能になってきます。

「彼そのもの」の中に、いいところを見つけてあげてください。
「こういうところがいいよね」
「そういうところが好きなんだ」って伝えてあげてね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから