こんにちは!ジュディです。

なんか急にまた寒くなってきましたね。
みなさまも体調にお気をつけて。

さて、今日もお悩みを聞いていきましょう。

—–

ジュディさんこんにちは。

またまたメールごめんなさい。

もう辛いです…
会話はないですが穏やかに心を保って笑顔をつくってます。
でも夫は相変わらずで昨日はベランダにでて15分以上携帯を弄っていました。
その後はすぐお風呂入って寝て…

そんなに一緒の空間にいたくないのかなと悲しくなりました。

きっと依存が強く
クレクレ病になっているんですよね?

自分を好きになりたいのにこれでいいのかな
やり方はあっているのかな
とも不安になり焦りがあります。

何かアドバイスして頂けたら嬉しいです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

はい、メールありがとうございます。

相変わらずパートナーの態度がよそよそしい。
テキスト通りにやっているのに、良くなっているような気がしない。
もう辛い
すごく寂しい。
これでやり方は合っているのか、それともまだ足りないのか。

そうですよね。

お話ししてくれないパートナー
自分を避けているような態度
以前と変化が見られない

こんなに頑張っているのに凹みますよね。

ここに男女の性質の差が出ますね。

基本、男は無表情です。
必要が無ければ話なんかしません。

「でも、外では愛想良いのに。やっぱり私の事が・・・」
となりますよね。

パートナーを変えようと思ってやっていると、思ったような反応が無くて疲弊しますが、自分には何か変化がありましたか?

「テキスト通り、アドバイス通りにやってます!」

って、それ、変化じゃないですから。

「どうにかしようとしている」

という「根底」が同じだと、結果は変わらないんです。

「やり方は合っているのか?」という質問の中に、自分の欲しいメリットだけを目指していないか「ココロチェック」してみてくださいね。

依存が強い場合、つい無意識で「クレクレ病」が発症しますが、クレクレに気付いたら、「差し出すタイミング」なのです。

不安になるのは、そういった「本当にしたいこと」が止まりかけてきたとき。

テキストなんか捨ててください。

(え!?ヽ((◎д◎ ))ゝ?!)

いえ、本当に捨てなくても結構ですが、頭の中から一旦「こうすればいい」というのを外してくださいね。

ご主人の態度が辛いなら、それは「やりたくないことをやっているから」。
ちゃんと見抜かれているんです。

笑顔で居ましょう。
美味しい料理を作りましょう。
掃除をしましょう。
こういう風に話しかけましょう。

それ、やりたくないならやらなくていいです。

本当の自分がやりたいことをやったときにしか、パートナーは変化しません。

それからね、パートナーに思ったような変化が見られなくても、変化していないとは限りません。
見えているのは表面だけですから。

こういうのって、少しずつ少しずつ変わっていくんです。
気が付かないくらいに。

忘れたころに、「あれ、そういえば前と違うな~。」っていう感じなんです。

それから、先が見えなくなって来たり、自分に自信が持てなくなって来たりしたら、単純に今の自分が好きか嫌いか(あるいはどちらでもないか)、感じてみてください。

5段階評価でもいいですよ。

そして、自分をあまり良く評価できていないときって、視野が狭くなっている時です。
パートナーに好かれているか嫌われているかっていう見方だけになっています。

「自分の価値なんてそなもんよ!」って言われちゃったらそれまでですが、世界中に二人だけじゃないんですから、それってありえないですよね。

自分の大切な人に、「私の価値はこれだけです!」って伝えたくないですよね。
特に子供には、「お母さんはしょせんこのくらいでーす。」なんて、言えませんね。

相手が大切なら、自分も大切って、そういうことです。

でも凹むのは仕方ないですよね。
今が一番つらい時かも。

相手の顔色をうかがうのをやめることに慣れて来たら、また楽しくなるから♪
人生はゆらゆら揺れてナンボ。
本当の自分に許しと自由を与えて解放していきましょう。

それではまた。(^^)

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから