こんにちは!ジュディです。

平成もあと少し。
来週は令和ですね。

平成生まれ?なんてことも、これからは起こるんですよね。
私は昭和生まれだけど(笑)

主人は初めての10連休を前に、きょどってます。

前の会社では絶対にありえなかった。
良くて暦通り。

一体どうなるんだー!って言ってたけど、別に何も起きないわよ(笑)

今回は実家のある仙台に行く予定です。

仙台はまだちょっと肌寒い時があるかもしれませんね。
新しいスカーフ買おうかな?
楽しみです。

さて、今日シェアしたいお話は、「損得」について。

私も打算的な人なので、つい損したくないとか考えてしまうのですが、それこそが損ですよという話。

損得って、実は自分だけのことなんですよね。

損だ得だと思うのは、自分の中の価値観とか、モノサシからの情報。

自分にとっては有益でも、誰かには損ということもあります。

私も自分のモノサシでしか計れないとき、つまり自分のことしか考えていないときに主に失敗します。

失敗というか、「自分、ちっちぇ~!」って感じ。

誠に恥ずかしいです。

なので、そうならないように気を付けるようにしています。

人とうまくいかないときって、この「損得」に支配されているとき。

これをちゃんと主張できる人なら良いのですが、私みたいな気の弱い人間は、コントロールしたり、我慢したりということが多くなってしまいます。

その結果、人とうまくいかない。パートナーともうまくいかない。

後で考えると分かるのですが、「うわー!やだ!」って思うことって、そうでもなかったり、我慢したりする必要がなかったりします。

なので、落ち着いて落ち着いて、本当にそうなのか時間を使ってみるのです。

とりあえず保留。

そのうえでやっぱり無理と思ったら、その通りに考えればいいし、言うべきことややるべきことを考えるようにしています。

損得って、一番簡単な考え方なんだけど、後で破壊力も抜群だったりするんですよね。

自分のことだけで精一杯なときもありますが、自分と周りのために自分の時間を使うことがいい時間の使い方なのかなって思います。

 

 

 

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから