2014.11.29

こんにちは!ジュディです。

また雨ですか。
今日は主人は午前中お仕事。ご苦労様だなぁ。
勤め人って一種の才能(タレント)だと思う。

さぁ、今日もお悩みを聞いていきましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジュディ様
いつもブログやメルマガ、拝見させていただいています。ありがとうございます。

実は、1ヶ月半前、私からすればいつもしてきたことなのですが、(主人は、お前は間が悪いといいます)それで主人が怒りだしました。

—–

マニュアルも購入させていただき、自分のしたい事をして、主人のことはあまり気にせず過ごしました。

用事で数日留守にして、帰ったところ、主人の態度が軟化し、日に日に優しくなり、わからないことだらけに驚きました。

—–

そして、5ヶ月、また始まりました。
鬼の様な形相で暴言です。

—–

普段から、ときどき、返事しなかったり、私の話したことをバカにし、お前と居るとバカになると言います。
それで、話せなくなってきたと思います。

—–

どうすればいいのか?日々どんな心持ちや態度で過ごせばいいのか?定まらず悩んでいます。
アドバイス、よろしくお願いします。
とても長くなってしまい、読み辛く申し訳ありません。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Tさん ありがとうございます。

これはうっすら(でもないか)自己愛型さんですね。
検索するといろいろ出てきます。

でも、肝心なのはそんな分析や診断ではなく、まずは相手を知るっていうところから。
それがダメだとか、治すべきってわけじゃないから。

Tさんができるのは、

1 まず相手を理解し、
2 自分と他人の区別をつけ、
3 自分の感情に責任を持ち、
4 ちょうど良い距離を取り、
5 そしてやりとりを楽しむ

という具合。

いまはその1ですね。

すごーく簡単に言っちゃうと、ご主人は「認めてもらいたい」だけなのですが、本当は、「自分がバカだって認めたくない」んです(笑)

いや、本人にしてみたら深刻で、笑いごとじゃないと感じていると思うのですが。
いや、実際は笑いごとなんだよ(笑)

ご主人の気持ちすごーいよくわかります。
だって、かつての私だから(爆)

もう死ぬほど辛い。
それは、自分が本当は「大したことない人間」だってうすうす気づいているから。
でも絶対に認めたくない、気が付きたくない。
(でも、大したことない人間なんていません。みんな天才なんです。本当は。)

突然動揺して激怒するのは、そんなしょぼい自分に気が付きそうになったっていうことに反応しているだけなんです。
だから、ご主人の怒りはTさんのせいじゃないんです。

ひどいことを言う人の気持ちはこうです→「なんで分かってくれないんだ!(怒)」
他者のことを考える余裕がもう無いんです。
本当はね、自分の心を傷つかないように守りたいだけ。

ご主人の暴言を直訳すると、
「助けてー!怖いよー!辛いよー!(((( ;°Д°))))」

だからひどいことを言われたら、その内容ではなく、「あ、この人今は余裕ないんだな」って思えばOK。

そこで売り言葉に買い言葉とならずに済みます。

ご主人から見たら、いまはきっと奥様がとても太刀打ちできない強敵に見えています。
( ´艸`)ぷっ
だから闘うんですね。戦隊ヒーローのように。

>テレビを観て、行きたいと言っても「勝手に行けば」すべてがこの様な感じです。

そうそう。
そういう風にすべてを否定してくるのは、ありのままの自分に耐えられないから。
本当は理想的な自分じゃないってことを受け入れられないだけ。

強がって強がって、プライドを高々と掲げることをやめるかどうかは正直分かりません。
とことん「負ける」とか、「恥をかく」っていう体験を本人がしないとね。

Tさんが自分の感情をコントロールできないと感じたら、ご主人をそのまま10センチくらいのお人形だとイメージしてみて下さい。

そして、手の中でいいこいいこしてあげましょう。

ほら、落ち着いてこない?なんとなく。
そして深呼吸して機嫌直して。

暴言は心のSOSです。
Tさんがご主人の「深刻さ(という解釈)」につられて巻き込まれないこと。それはTさんの問題じゃないから。

Tさんもご主人のことにあまり気を向けないで、自分に集中してください。

毅然としていましょう。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから