こんにちは!ジュディです。

昨日ちょっとやらかしました。

主人があまりにも片づけないので、「これ捨てていい?」って聞いたら、「嫌だ」って言われました。

「じゃぁ、私が引っ越すしかないか・・・」って言ったら、「傷つくのでそういう言い方はしないでくれ」って頼まれました。

じゃぁ、私はいつになったらホテルのような綺麗なお部屋で生活できるの?と思いましたが(笑)、「はい。分かりました」とだけ言いました。

なんか、私が悪いと言われているようで、モヤモヤしますが、そのエネルギーはまた
どこか別の分野で昇華するとして。

でも重要なことが分かりました。
それは、浮気をする男の気持ち。

ああ、こんな風に責められるから、溝ができるのかと。
妻だけEDになる気持ちもなんとなく分かりました。
そして、妻をどういう風に思うのかも何となく分かりました。

根本的に私は、考えの違う人とは一緒に居たくないのです。
おたがい譲れないという感じになってしまいますから。
素直になれない気持ちや、守りに入ってしまう気持ちも生まれます。

でも今回は、あまりに理想論に固執している私もよろしくは無いと思ったので、家族の輪を大事にすることにしました。

しかしそのあとの主人の態度がよろしくない。
夫婦の心理が良く分かって勉強にはなりますが。

夫は、私が心の壁を作ったと思い込んで、御機嫌取りを始めだしたのです。
それってかなりウザいです(笑)
独りにしてくれっていう男心が良く分かりましたよ。

ああ、このパターンをやっている人は、こういう気持ちになるんだなと、今回のことで良く分かりました。

そんなことを踏まえつつ、今日のお悩みを聞いていきましょう。

—–

以前、テキスト購入させて頂き、質問させて頂いたYです。
前回、夜中のメール着信から、夫の浮気が発覚。夫婦で話し合い、再出発する道を選びました。

今も浮気が続いているのかは分かりませんが、毎日帰宅し、休みの日は家族で出かけます。
私は、以前は夫さえいればと言う気持ちででしたが、今は、自分の趣味を持ち、友達とも出かけたりして自分の時間を楽しんでいます。
夫とは喧嘩はしますが、それでも、楽しく過ごせていました。

ただ、夫は、自分が持ち上げられて気分がいい時は、穏やかで優しい人ですが、少しでも気に食わない事があると、すぐに大声で暴言を吐き、『こんな時間まで仕事して働いてんだぞ!こんなふいんきの悪い家なら1人で、暮らしたほうがマシだ』と言い出します。

夫は、自分が悪くても、謝りません。
自分が私にしてる事でも、自分がされると、異常な程の暴言で攻撃してきます。
私は、その度、どうして、夫がして許されることが、私だと、怒るのかといつも言いますが、全く聞く耳持たずの暴言です。

ニコニコ期間が1ヶ月程続くと、何かのポイントで、激昂します。
夫は、なぜ自分が悪くても謝らないんですか?

因みに、今回激昂した理由は、前日、たくさん夜ご飯を作り過ぎ、その日は、その残りで、私と子供も済ませたので、夫にもお願いしました。

そしたら、突然、『俺が買って来てやったパンをまだ食べてない』と怒りだし、
『俺はこんな時間まで働いて来てるんだぞ!』と始まったので、『パンは、食べるよ。
でも、どうして、自分だって、私が買って来たもの食べないで済ますこともあるのに、なんで、それが私だと、謝っても、暴言吐かれなといけないの? 私がそんな事で、怒ったことある? 自分悪い時は、謝らないのに、どうして私だけが謝らないといけないのか?』
と聞きました。

もう、ここから怒り収まらず、離婚だ、馬鹿、ざけんなと言う有様です。

夫のこの暴言に、本当にウンザリします。
穏やかな時は、本当に面白くて、楽しい人です。
やはり、私が至らないからなのでしょうか?

きっと、また他の女の人に逃げるんだろうな…と思ってしまいます。
こんな状況になったら、どうするのがベストなのでしょうか?

私は、すぐ寝室に行って、距離をとります。でも、なかなか仲直りのキッカケも作れません。
仲直りしようって提案しても、凄いキレるから、本当にどうしたらいいか分かりません。
アドバイスよろしくお願いします。

—–

Yさんありがとうございます。

そうですね、私なら、「もっと穏やかに話しませんか?」と落ち着いて提案します。

「そういう態度(暴言等)で私と接しないで下さい。」
「そういう態度(暴言等)を今すぐ改めたとしても、あなたの価値は変わりませんよ」と、伝え続けます。

そうは言っても、多分すぐには態度は改まらないかもしれませんが、諦めることは無いと思うのです。

毅然とした態度を続けていれば、必ず相手も聞いてくれるようになります。

暴言を吐く人、すぐにキレる人というのは、劣等感が元になっています。
そして、暴言を吐いてしまうのは、心がとても傷ついてしまっていて、その痛みに耐えるためにやっています。無意識ですけど。

狭い範囲内の条件を比較して、悔しさや怒りを作りだし、我慢ならずにそういう態度をすることがラクで、慣れてしまったと言えます。
平たく言えば未熟であり、幼稚なわけです。

それに、男性が謝るというのはなかなかどうして、それこそ「死」にも匹敵することだと深層では思っているので、なかなか素直に謝るわけにはいかないのです。
本当は罪悪感でいっぱいなのですが。

ご主人の場合、夜中までの激務や、自分の劣等感、自信の無さ、空しさなどが相まって、
きっと、Yさんにだけそういう態度をしてしまうのでしょう。甘えているんです。

上手なストレス発散の仕方を知らないのでしょう。
普段自分を厳しく抑えている人ほど、そうなりやすいです。
いわゆる内弁慶ですね。

長い間の習慣で、Yさんにはそういう態度を取っても良いのだと思ってしまっているのかもしれません。
そうやって甘えられるのは、この世でYさんだけなのでしょう。

今やるべきことは、売り言葉に買い言葉とならないように、トラブルの内容をあまり突き詰めないことです。

上のやり取りからも分かるように、実はYさんも暴言を吐かせるようにけしかけています。

どうしてあなたがOKで私がNOなの?と、私とあなたを「比較」しています。
答えさせよう、分からせよう、謝らせようとしています。

これはOK。でもこれはNO。と、自ら条件付けをしています。
それをやめてみてください。

物事には、あらゆる見方があります。
OKな物の中にもNOがあるし、その逆もです。
自分の物差しで決めつけた見方で「比較する」ということから離れてください。

でも、暴言を吐くなどの甘えは絶対に許さない事。
それは、夫婦や男女の仲以前の問題です。
人として、敬意が無ければいけません。
(でも、それも穏やかに諭していってください)

この部分をきっちりとやりきってください。
暴言が始まったら、「落ち着いたらまた話しましょう。」と、その時点では相手にしないことです。

妄言に関しては、当然の主張なので、争いにはなりません。
Yさんに暴言を吐くという態度は許されないのだと気づかせるのです。
パンの話しはその後です。

>『俺はこんな時間まで働いて来てるんだぞ!』の、次の話をよく聞いてあげるようにしてください。

本当に言いたいのは、きっとそんなことじゃないのです。

劣等感いっぱいで、素直になれないご主人に本音を言わせるのは、プロカウンセラーでも
骨が折れると思います。

でも、ここは根競べで、「うんうん、そうなんだね。分かるよ。それで?」と、
のんびり話を聞いてあげましょう。

普段、ストレスをうまく発散できていないようなので、永遠に愚痴が終わらないように感じるかもしれません。

でも、「うんうん、それで?」を20回くらい続けると、多分おさまってきます。
そして、最初とは全く違うことを言い始めると思います。

最初は「俺が買ってきてやったパン」とか「俺はこんな時間まで・・・」とか言っていたのが、
「実は今日ミスっちゃって・・・」などの話しになってきたりするかもです。

弱いんですよ。
でも、弱みは見せられない。
だって、奥さんには常に、特別強くて素晴らしいスーパーマンな自分で居なきゃならないから。

男はつらいよですね。

でも暴言には毅然と対処しましょう。
つられないようにね。

そして、のんびり「うんうん、それで?」って聞いてあげましょう。

心が開いて本音や弱さを出して来たら、それが「心が通じ合った」と言える状態です。

あー、「奥様カウンセラー養成講座」でもやろうかしら(笑)

自分だけ苦労させられている

相手が間違っているのに

というのは、拗ねであり、足の引っ張り合いなのです。

小さな子が「○○ちゃんばっかり!」って言うのと同じ。

それは愛情がどこからか降って湧いてくると思い込んでいるから。

相手をやり込めたり、キレさせたりするというのは、愛情の取り合いなわけです。

愛情は常に自分の中にあるということを忘れずに。

それではまた。(^^)

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから