こんにちは!ジュディです。

残暑が厳しいですね。お体大事にしてくださいね。

さて、ご主人や彼氏、友達、仕事仲間・・・

人との距離感で悩んでいる人は多いです。

それが無くなることは無いのでしょうが、いつもいつも人間関係を破たんさせて、毎回リセットするのもねー。

特に家族との距離感は誰でも悩むもの。

家族だからと甘えていると一緒に居られなくなったり、性格まで変わってしまうこともあります。

私が見る限りでは、テキストにも書きましたが、距離感が取れない、もしくはどう接したらいいのか分からないというのは、当たり前のことだと思うのです。

なぜなら、「相手が居ない」からなんです。

相手のいない世界で、どう接したらいいかなんて、それこそ神様にも無理!でしょう。

ここで、「相手が居ない」ということに「?」と思った人、いますか?

あのね、距離感や接し方で悩む人って、100%相手を無視しているんです。
だから「相手が居ない」なの。

いや、相手いるし。旦那居るし。って?

いやいや、いませんよ。
全く居ない。どこにも居ない。

なぜなら、「自分しか居ない」から。

自分の中に、自分しか居ないんです。
たとえ目の前数センチ先に誰が居ようと、「誰も居ない」んです。
自分しか居ないんです。

だから困る。悩む。
「どうすればいいのでしょう?」って聞いてくる。
その繰り返し。

「どうすればいいの?」って思ったら、それは100%相手不在です。
自分のことだけに感(かま)けています。

相手と接するには、相手が必要です。

まずは相手を見ましょう。

この時、そのままの相手を見てください。

「この人は私の事どう思っているの?」とか

「この人は私にどうしてほしいの?」とか

「この人の気持ちが知りたい!」とか

それ、全部「自分しか見ていない状態(自分しかいない状態)」ですからね。

相手が目の前にいるとして、相手が何を思っているのか、どうしたいのかなんて知る必要ありません。

それは「自分の脳内ストーリー」だからです。

もし、あなたが誰かに「本当は私のことどう思っている?」って迫られたらどうでしょうか。

なんとも思っていないのに「何か隠しているよね。白状して!」って言われたら?

えーっと?・・・ (;^_^A
ってなるよね。

それが不和の原因です。

相手が目の前にいるとしたら、「目の前に立っているなぁ。」なんです。

それだけ。

それが相手をちゃんと見ている状態なんです。

私や、距離感を取れる人間(というか距離感が全自動な人間)は、何も考えずにそうなっています。

感覚としては、相手が旦那や彼氏ではなく、親友とか、距離感に問題ない人との感覚を思い出してみてください。

親友が自分のことをどう思おうと、どうしようと、平気ではありませんか?

旦那や彼氏を前にすると緊張したり、不信感があるのなら、そこを和らげていけばいいし、自分に自信が無いのなら、個人的な目標を立ててチャレンジしていけばいいのです。

そうすればちゃんと距離感は取れるし、相手も辛くならないのです。

距離感は相手が居てこそ。

自分だけの感覚に捉われそうになったら、相手にもちゃんと関心を向けてあげてくださいね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから