私はもう諦めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨ですね~。

気温もだんだんと暖かくなってきました。

けれども今度は花粉が・・・(;´▽`A“
ハーブティーでしばらく頑張ろうっと。

さて、メールをいただきました。
ありがとうございます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

主人に、私はもうあきらめます。と言いました。

向こうの家に入り浸り、別れても次の日には復縁。

私が月1で土曜日仕事の時だけ、子どもたちを見てくれる時だけ帰宅。
毎度、もう終わった、帰って来るよ。と言って、また帰ってこなくなる。

それでも、決めるのは主人と思って主人に委ねていたつもりでした。
先日帰宅した時に、私とは別れるつもりはない、と言われました。

すごくうれしかったのに、じゃぁ何で行動がともなわないの?とも思ってしまいました。
まだ、手放せてない、許せてないんだなと思いました。

子どもたちは主人が大好きです。私もです。けど、ちょっとしんどくなってしまって。
手放したくて、自分に踏ん切りつけたくて、あきらめます。といっちゃいました。

主人は少し驚いてました。大丈夫、と言ってまた行きました。

何が言いたいメールかわかりませんね。すみません、誰かに聞いてほしくて。

浮気発覚当初に比べ、考え方、言動、まだまだだけど、変われてきたのは主人とジュディさんのおかげです。感謝しています。これからもいろいろ学びたいです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

いつもありがとうございます。

パートナーがあっちに行ったり、また戻ってきたり。

それってご主人は「正しい」と思ってやっています。
生きがいになっています。
それでいいと思っています。
もちろん、信頼した妻もそう思ってくれていると思っています(!)

なので、「諦めます」って言っても、多分「?」と思ってます。
それどころか「お前なら分かってくれていると思っていたよ」的な。

口では「大丈夫」とか「そうだよな」とか言いますが、妻の気持ちは全く分かっていません。

だって、あなたが分かってあげる役だから。
ご主人はあなたを分かる必要が生まれてこないわけです。

男はね、修正力無いんですよ。
特に支配欲は強い欲求なので、男らしい人ほど魅力的ですが、他者の気持ちに鈍感です。

だから女性があれこれ修正させるしかない。
メンドクサイですけどね。

自分はどう感じているのか、どうしてほしいのかちゃんと言わないと、そのままです。

なのでちゃんと言っていきましょう。
その上で、他のところに行きたいというなら、そのとき考えましょう。

そして自分を粗末に扱わせている自分とも向き合っていきましょう。

パートナーを見れば自分の事が分かる

パートナーは自分を映す鏡です。

パートナーを自分はどんなふうに見ているか、チェックしてください。

ここで注意するのは、「浮気をする夫だから、自分も浮気したいんだ」ということではないということです。

たとえば、他の家に入り浸っている、別れてもまた復縁というのが、どんな感じがするのかです。

自分を大切にしてくれないと感じたら、それは自分が自分を粗末にしているということ。

それは自分が愛されるに値しないと決めつけているからかもしれません。

それならば、まずは自分に愛情を注ぐこと。
愛情を受け取る練習をしましょう。

大抵の人は、愛情をタダでもらっても良いと思っていません。

自己否定を重ねて、いつのまにか受け取れない体質になっているのです。

なのでありのままの自分に怯えないことです。

自分のタブーを破っていきましょう。
そうすれば、受け取れるようになってきます。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る