人の言葉に惑わされるときは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

ジュディです。

あのね、他人の発言や意見に惑わされるときって、自分の感覚を取り戻して~!視野が狭くなってるよ~っていうお知らせなんです。

その他人の発言や意見をチョイスしたそもそもの理由はなんでしょうか。

シンプルに言うと、良いと思われる事と、悪いと思われることが自分の中にあるからなんでしょうね。

たとえば、普段から信頼している人が「こうするといいよ~」って言ってた!となると、その「良い状態」に早くなりたいものだから、言われたとおりにしてしまう

とか

信じている占いに「こうなると悪くなるよ」と書かれてあると、「それはヤダ!」となって、「そこから逃れるため」に、言われるとおりにしたくなる

という感じ。

でも、なんだか分からないけれど、それって苦しい。

自分の意志じゃないから?

騙されているから?

いえいえ、それはね、考えとしては正しいけれど、「今」とはずれているから。

そして、「そのほかの良いところ」を忘れちゃっているから。

だから苦しいんです。

イメージで言うと、ひろーい素敵な公園に遊びに出かけたのに、一本だけチョイと伸びている雑草を見つけて、「あー!やだー!雑草!何とかしなきゃ!」って感じ。

その小さな小さな狭い一部分を見つめて、どうにかしようとしているから、その周りの美しい自然や、鳥の声や、自由な時間や、明るい太陽なんかが見えなくなっちゃう。

そして本来の楽しい遊びが出来なくなってしまう。

そこに囚われているときって、頑張っている感はあるけれど、なんだかいまいち嬉しくなかったりします。

他人の発言や意見は聞いていいんです。

でも、囚われない。

周りも見渡す。

自分を良くしようとか、悪い状況にならない様にしようとするのはもちろんOK。

でも自分ひとりにならないで。

自分の良いところも思い出してね。

そうしてくれたら嬉しいなぁ。

あなたを応援している人は、あなたの周りにいつもいて、あなたにそういうkとを思い出してもらいたいんだと思うよ。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る