あなたが選んだ男はいつか間違いに気付いてくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたが選んだ男はいつか間違いに気付いてくれる

そしてあなたもあなた自身を知る

・・・

雨ですね。

でもなんか今日は直感がさえます。

雨の効果ですね。

こんにちは!

ジュディです。

突然ですが、夫婦二人の関係を危うくするもののなかに何があると思いますか?

実は、「結婚」という概念がそれだったりします。

結婚の意味は人それぞれですが、夫婦の関係に悩んでいた時に、私はコイツが邪魔なんだと気がつきました。

どうしてこんなに苦しいのだろう

そうしてこんなに苦しまなきゃならないのだろう

と考えたときに

「あ、結婚していると思っているからだ」

と思ったんですね~。

結婚したら「こうあるべき・こうすべき」にきっと縛られていたんですね。

思い込みだったんですよね。

これは家族関係にも言えますよ。

家族なら、なになにすべき・なになにであるべき・なになにでなければ、になってしまう。

仲良くなければならないとか。

なんで?なんで?

まぁ、仲良いのはいいことだし、理想ですけれども、それリアルじゃない、ですよね?

われわれはリアルにも対応し、それを越えなければ生きていけませんね。

だから、もう当時、行きつ戻りつではありましたが、「結婚していない」と仮定して過ごすことにしたんです。

そしたら。

そしたらね、

「?君は奥さんでしょ。」って主人に一蹴されましたけれど、負けません(笑)

「はじめまして!」という勢いで、いままでの関係をご破算にしてみたんです。

いえ、私の頭の中でだけですよ。

毎日毎日、「初めまして!」です。

初めましての人って、相手に何します?

初めましてなら、相手を知らないということなので、まずは相手を知ろうとしますよね。

そういう風にやってみたんです。

そうしたら・・・

逆に私が、主人にとって「新鮮味のある人間」になったんです。

新鮮味のある人間には誰でも、興味・関心が湧きますよね?

「この人なら、話せるかな?楽しいかな?受け入れてくれるかな?」って。

身近にいる人ならなおさら・・・

それを最初に自分の方から実践していったわけなんです。

そんな風にして、私は自分も、主人も、お互いの関係も新しく生まれ変わらせることになったのです。

これはとても大事なことだったんです。

今からでも、全然遅くなんかないんです。

いつだって、始まりは今なんです。

あなたの選んだ男はいつか間違いに気付いてくれる。

いえ、間違いに気付くというより、あなたを見る視点が変わるのです。

そしてあなたもあなた自身を知る。

そこから新しい世界が始まります。

あなたが世界を作る人なんです。

だからあなたはかけがえも無く大事なんだよ。

あなたという存在は無くてはならないんです。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る