旦那が男友達と女の子をナンパして遊びにいっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。

今日はお友達に誘われて逗子まで行ってきました。

雨は降ったり止んだり・・・

でもとても楽しく良い時間を過ごせました。

いろんな方とも知り合えたし。

御縁は自然と広がって行くのですね。

さて、テキストのご感想をいただきましたのでご紹介します。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

初めまして。Oといいます。
テキスト 、全て読み終えました!

ジュディさんのテキストに出会うまでにも、恋愛アドバイザーの方のテキストを購入させていてだいたことがありましたが、『ん?なにか違うような。。』根本的な問題は解決できそうな内容ではありませんでした。

今回読み終えて、ほっとしました。笑
なんだか拍子抜けするぐらい、なるほど!!と全て納得がいきました。

もう全部です。すんなり、私の中に入ってきてくれました。

インナーチャイルドの話、私は長女で、学生で私を生んだ父と母は、私を祖母に預けて学業、仕事に励んでいたのです。

若くして苦労しながら育ててもらったことには感謝しています。

ですが小さな私はとても寂しかったのだと思います。

25歳の今でも、旦那さんに子供のように困らせたり怒ったり、自分のことをかまってほしいとばかり思ったりしてました。旦那さんからすると、とてもつらかったと思います。

ジュディさんのインナーチャイルドと会うイメージヒーリング。一度やってみると、気持ちがあったかく、じんわりしました。悲しいとき、辛いとき、またやってみます。

私は浮気まではいきませんが、旦那が男友達と女の子をナンパして遊びにいっている現場を発見し、聞いてみると、何度もいっていたことがわかり、もしかすると、浮気もしていたかもしれないと思うと、毎日やりきれない思いでいっばいで自分に自信をなくしていました。

まずはじめに、怒りと同時に、私になにかたりなかったのかと申し訳なくなりました。
色々考えて悪循環。同じパターンの繰返し!
どうにかこのパターンから抜け出したい。まずは受け入れよう。

そこまでは頭で考えていたのですが、気持ちがなかなか着いていかずに時間ばかりがたつのに焦りを感じました。
このままぢゃまた悪いパターンにはまってしまう。どうしよう。。

まず、自分はどうなりたいのか?なんで悩んでいるのか?自分が変われるなら?と考えだして、少しずつ努力して笑顔で過ごしたい。という自分の目標に向かって頑張りました。

しばらくして少しずついい方向に向かっているのかな?と思っていたころ、また情緒不安定になりました。仕事ストレスも原因だったのかもしれません。

頑張ってきた。頑張ったよ!だから誰かに頼っても許されるよね?と思いたち!!以前から購入したかったジュディさんのテキスト を購入させていただきました。

自分への御褒美として買ったテキストは、やはり御褒美にふさわしい、内容でした(T-T)

今までの想いも、涙も、全部ここの内容に救われるような気がしました。
まだまだ駆け出したばかりですが、大好きな自分でいられるように、私は私の好きなことをして、好きな人といます。

こう思えたのはジュディさんのおかげです。大好きになりました。
本当に、テキスト をまとめていただいて、ありがとうございました。心から感謝です。
私にもきっと自分を信じて好きになることができると思います。努力します。

ジュディさんも、元気でしあわせな毎日をこれからも、おくってください(^-^)/

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Oさん ありがとうございます。

寂しかったんですね~。

振り返ってみれば、ご主人の行動や、Oさんが悩んでこられたことも、結果としてOさんを健全な自己愛へと導くためのものだったような気がします。

私の場合もそうでした。

父や母、そして主人や子供たちがいて、自分のことが見えてきます。

昔は親を恨んだり、主人を憎んだりしていましたが、そこを通ってこなければならなかったんだなぁと思います。

健全な自己愛って、正しいあり方があるのではなく、ただ、自分も他者も大切な存在として、ある意味「フラット」な状態になることでもあるような気がします。

穏やかで、でもしっかりとしている感じ。

大騒ぎしなくても大丈夫だったことなんだけれども、大騒ぎを経ないとたどり着かないのかもしれません(笑)

人間て不思議ですよね。

ラブラブ作戦とは、自分とのラブラブ作戦でもあるわけなんです。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る