モラハラに加え、長男にしていたことが虐待だと自覚しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。

雨が降りそうで降りませんね~。
少し降ったかな。

先ほど、銀座の松屋にて「ムーミン展」を見てきました。
もう、ものすごい人で身動きできないほど。

作品がとても小さいので、全部は見ることができませんでしたが、あこがれのヤンソンさんの原画を見ることができて、とても感激しました。

でもねー、ちょっと残念だったのが、一人の女性が作品にライトを当てて見ていたこと。
あれはダメ!

なぜ、会場のライトが薄暗いのか、考えて欲しいですね。
その人の「もっとよく見たい」という欲望が、作品を劣化させていきます。

いい写真を撮りたくて、邪魔になっている桜の木を切る輩と一緒。
釣りを楽しむために、湖にブラックバスを放流する身勝手な人たちと一緒。

それはね、まわりまわって、必ず自分に返ってきます。
はやく気が付いてほしいですね。

さて、今日はこんなメッセージをいただきました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジュディさん、毎日ブログ拝見してます。
主人から卒業しますというメッセージを読んでメールしてしまいました。

昨年の夏、主人に怖い・もう好きじゃないと叫ばれ、愕然としてネットで調べていくうちに、私がしていたことはモラハラだったと気づきました。

—–

それまでは、心の広い誠実な人で宝くじに当たったようなものだと思っていただけに、青天の霹靂で、自分を責め主人も責め。

その頃ジュディさんのブログに辿り着き、無料セミナーやいろいろな本を読み、自分を変えたい、でもなかなか変われずいまだに浮気未遂を口走ってしまいます。

—–

さらにモラハラに加え、長男にしていたことが虐待だと自覚しました。

何年も前からずっと「いけない、何とかしたい」と悩み、主人にも何度も助けてと訴えたりカウンセリングに行きたいと言っても相手にしてもらえませんでした。

その間も自分の価値観にそぐわないことをすべて否定し言葉で攻撃し、彼の心はボロボロです。

大学受験の失敗から些細なことで爆発し、カウンセリングに通いACでかなり危険な状態だと言われました。

私に対する恨みを吐き出し始め、同じ屋根の下で半月以上顔を合わせていません。
用件だけメールです。
チェックしたら私もACでした。

—–

反省して謝って、また追い詰めて。その繰り返しで主人も限界だと思います。
もう、どうしたら良いかわかりません。

自業自得なのに見捨てられたくない、委ねたいのに委ねられない、それを主人に言ってしまう。

大切な2人をこれほど傷つけて、それでも何とかなると思っていた私がバカでした。
今変わらなければ本当に一人になってしまいます。
助けて下さい。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

メッセージありがとうございます。

わたしも40年近くACでした。
パニック障害だったし、摂食障害もオーバードーズもアルコール依存もやりました。

これはね、自分と他人の区別がついていないから起こります。
親との精神的なへその緒が切れていないのです。

それから、「変えよう」とあまり意識しない事。
「変えなきゃならない」自分を固めないことです。

AC?だから何?っていうハナシ。
「変わればうまく行く」も、幻想ですから。

それからね、そういった知識や理論を現実に生かすには、「体験」を積み重ねてゆくしかないです。

私の場合、やはり生き辛さを認識してから、心理を勉強したり、ものすごく考えたりしましたが、何かを学んだら、次は体験(実践)していました。

勉強と体験で何かをつかんでいくという感じ。

やってきた体験をそのまま受け取るのです。問題を避けようと画策しないことです。

そして結果がどうなろうと自分も人も信じることです。
無責任に聞こえるかもしれないけれど、大丈夫です。

関係性で相手をコントロールしたくなったら、神様でも時間の流れでも何でもいいので、大きなものに任せましょう。

昔、わたしもこんな風に書いてある本を読んで、「何が任せましょうなの?どうなるの?ダメになるんじゃないの?」と疑っていました。

スピリチュアルな本も自己啓発書も相当読みました。

でもねー、なんだろう。自然や神様や宇宙って、人間には思いもよらない素晴らしい贈り物をくれるのです。
小手先の知識や心理テクニックなんて無意味に思えます。

とにかく今すぐにできることは「観察」すること。
あなたが何もしなくても、全部大丈夫だから。

そして体験していってください。

特に!男が「おかしくなる」のは、世話をし過ぎるから(笑)
たとえ、めちゃくちゃに見えても、「放っておいて」くださいね。
そうすると、良くなりますから。

その力や輝きは、生まれつき備わっています。
そういうものなんだと思っていてくださいね。

とにかく自分をあきらめないこと。

いま、自分の問題に気が付いたという絶好のチャンスがやって来た時だととらえて、これを活かしていきましょう。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る