怒っていることを分かって欲しいと幼稚なことをしていたと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。

さていよいよ明日からカリフォルニアです。
ちょっとお留守にします。

では、頂いたメールより・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジュディさん

いつもありがとうございます。
Mです。
最近は感情の波がとても激しいです。

—–

一つ前と違うのは、今、自分がこんな感情だなと冷静に考えられるようになったこと、落ち込んだ感情になった時に彼に八つ当たりのような冷たい態度をとらなくなったことです。

—–

昔の私だったら自分が不安と思うことを正直に伝えず、彼のメールに返信しなかったり、「ゼンゼンいーよ!」と言いながら冷たくしたりすることで、怒っていることを分かって欲しいと幼稚なことをしていたと思います。

夜は「携帯見て、ウソだと分かったら、もう彼に話をしてハッキリさせよう」と思っていたのですが、「こんなにちゃんと説明して、謝ってくれたんだから信じよう。あたしって愛されてるなぁ。」と思いました。

何より、昔と違い彼を責めたりするのではなく、自分はこう思ったということをしっかり彼に伝えられたということが自分の中でうれしくて、だから納得できたのかな。
嘘でもいいかなって思ったのかとも思います(笑)

なんだか自分の成長がうれしくて長々と報告してしまいました。すいません。

まだ「きっとハッキリさせる時が自然とくる」と思ったり、「もぅ!ハッキリさせてしまいたい!」と思ったりグラグラしてますが。。。

くれくれ病にならず、彼の愛をしっかり感じていきたいと思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Mさんありがとうございます。

クレクレ病、治っていますね。
成長著しいです。

クレクレになっている!って気づいた時点で完了です。

たとえ、クレクレ言っていても、そこで「あ、クレクレ病だ」って気が付けば、それはクレクレ病ではありません。

うまく現状に立ち回れるかどうかより、ちゃんと今の自分を感じてあげることの方が重要です。

おっしゃるように、自己主張と、信頼のバランスが偏っていたから苦しかったのでしょう。
言えるようになってきて良かったですね。

嘘かどうかはご主人の問題です。任せましょう。

Mさんがどんな関係を作って行くのか、そしてどのくらい自分を信頼するかで、状況は変化します。

言いたいことを過不足無く表現できるということは、親離れの完成でもあります。

相手と対等に、そして尊重し合いながら自分の意見も言う。

以前のMさんと変わったなら、ご主人も確実に変化しています。
特に得たいの知れない重い罪悪感などが解消されてきているはずです。

自分を大事にすると、相手も大事にできます。
それは、相手を大事にしようと思わなくても、そうなるのです。

お互い釣り合う存在だからです。

ご主人も、自分の身勝手な思い込みが外れてきて、楽になっていると思います。

感情は味方でもあるっていうことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る