離婚するかしないかと、答えを求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。

猛暑ですね。
暑い暑いと書くと、余計に暑い。
(°д°;)

いま32度ですが、うちではエアコンつけません。
主人と息子が寒がりなので(爆)

体調崩しやすいので、みなさまもお気をつけて。

さて、3ステップ無料メールセミナー のご感想をいただきましたのでご紹介します。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

こんにちは!

今回は言動についての感想を書かせていだきます。

私は旦那さんに、離婚するかしないかと、答えを求められています。
離婚しなければ、生活費も入れないし、会わないとも言われています。
私は、離婚をしないと言うことが怖かったのです。

でも、それって、愛されていない目線からの考えだったってことが、言動についてのメルマガを読んで、わかりました。

私は自信がなかったんだと離婚しないということで旦那さんを幸せにする自信が。
愛されていないのだから、と勝手に思い込み。

違いますよね。

旦那さんを幸せにしたいから自信をもって離婚しないと伝えてよいのですよね。
結果はどうあれ自信をもって伝えることに意味があるのかなと思いました。
思いきって自分の素直な気持ちを言葉にしてみたいと思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ご感想ありがとうございます。

ご自分の「恐れ」の核心に気付かれたのですね。

嫌われるかも
愛されないかも
もうダメかも

頭では瞬時にそう考え、恐れ、言動でコントロールを始めてしまうのが、人間ですね。
悪いってことではないけれども、それが通常化しているなら、立ち止まってよく考えてみるということもできるんじゃないかな。

「あれ?なんかおかしくない?」って、自分に問いかけることもできます。

愛されていないという立場に居るのは自分自身の選択だったと。

おっしゃるとおりに、相手の受け止め方、考え方はどうにもできません。
だから、言う。
本心を。
素直に。
真剣に。
毅然と。

「私はこう感じている」
それでいいんじゃないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る