愛される女になりたいのですが教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。
今日も肌寒いですね。

昨日は、午前中にいろいろと家族で不要になったものを処分しました。

クローゼットの奥から、息子のランドセルが出てきたりして。
懐かしいなぁなんて、それを無理やり背負う大きくなった息子がおかしくて、みんなで爆笑しました。

主人は物凄く物を捨てない人なので、ランドセルも「捨てるな」と言われそう・・・って思っていました。

でもそう思いながらも、あっさりとごみの袋に入れることに何の反応も無かったりして、「ああ、また勝手に思い込んで主人を誤解していたわ」って、少し反省しました。

思うより行動なんだなって思います。

では、今日のお悩みを聞いていきましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

はじめまして。Tと申します。

今回の結婚はわたしは2度目になります。なので、すごく慎重に考え相手にも自分の気持ちを聞いてもらい、結果色々ありましたが結婚しました。

—–

でも、旦那との距離は縮まらず目の前に大きな壁があるようです。触れてもいませんし、拒否されてから触れるのも怖くなりました。

—–

その中、今日携帯をたまたま忘れた旦那。一緒に過ごして四年ですが、初めて見てしまいました。

—–

怒りというより、情けない切ない苦しいです。

もう、女として人間として自信がなくなりそうです。
持病も含めて幸せにすると約束してくれた旦那でしたが、変わってしまいました。もちろん、私も変わってしまいました。

でも、そのやりとりを見た事によって
「やっぱり愛されてない。必要ではない。わたしは何なんだ。結婚しなきゃ良かった。」
そんな負のスパイラルにはまってしまい心が苦しくてネットで検索して、たどり着きました。

どうか、どう接したらいいのか。
これから、わたしはどのようにすればいいのか。
また、愛される女になりたいのですが教えてください。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Tさんありがとうございます。

自分の思った通りにならなくて、すごく辛そうですが、「当たる宝くじ」を買うつもりでいると、そうなります。

大事なのは「当たり」を間違いなく引くことではありません。
そして、結婚相手に自分の幸せを保証してもらうことでもありません。

自らが幸せとなることでしか、自分を幸せにすることは出来ないのです。

大きな壁とは、自分自身のことではないでしょうか。

結婚しなきゃよかったというのは、相手もそう思っていると思います。

愛される女になりたいというのは、「愛されていない女」だから考え付くことです。
自分がそういう「前提でいる」ことに気づきましょう。

自分が「弱い」という勘違いを解いてゆきましょう。

どう接したらいいのか?
これからどうすればいいのか?
愛されるにはどうすればいいのか?

という疑問がわいてきたときというのは、言い換えると、自分に価値を感じていないということなんです。

だから、パートナーを使って、価値を感じさせて欲しいと思うのです。

PDの発作も同じ理由で起こります。
つまり、責任を逃れる態度なのです。
そしてパートナーを無視しています。

これを解消していくには、自分で自分の価値を見出していくことと、パートナーにしてみればどうなのか?という「推察力」を養うことです。

自分の価値って、自画自賛や自己満足とは違い、もっと広く信頼してあげることです。
どんな時でもきっと大丈夫という愛情が自信なのです。

ごく狭い範囲のことをあれこれ条件付けし、ジャッジしている自分に気付いていくことで、これまでの自分を変えてゆくことができます。

いろいろやってみてもダメだったと言うのは、全てが「愛させよう」と画策しているからです。
「愛されないという恐れ」からの行動は全て実りません。

愛されるには、愛させようとしないことです。

頭の中の「こういうことが愛である」という不要なゴミを捨てましょう。
家族だから愛されて当然ということは無いのだと、要求したくなるたびに思い出しましょう。

そして、パートナーに自分の思うように愛させようとしたくなったら、「では今、自分にはどんな奉仕ができるのか?」を考えて実行してみてください。

嫌だなー、怖いなーっていうのをたくさん経験して乗り越えて行きましょう。

でないと、たとえアラブの大富豪やIT長者と結婚したって、決して幸せにはなれませんから。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る