嫌な事を伝えられるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!ジュディです。

ときどき、ある食べ物が無性に食べたくなることってありませんか?
それは一度食べたら気が済むときと、しばらく凝ってしまって食べ続けるときと・・・。

いま私は、なぜかピーナツバターに凝っています。
甘いやつじゃなくて、塩味があってこってりした方。

全粒粉のパンに乗っけていただくのが、目下のストレス解消法。
(塗るのではなく、ボテッと乗っけるのね笑)

子供のころ、近所のアメリカ人のお友達の家でいただいた味の再現なんです。
その時のパンは、ロシアパンみたいな酸っぱいやつね。どこかで売っていないかなぁ。

無性に食べたくなるものって、何かの栄養素が足りていない場合もあるみたいです。
無駄食いしてしまうのはそのせいですねきっと。

さて、今日もメールをご紹介します。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ジュディさんお久し振りです。かーこです。

ジュディさん。やっとやっと手放すの意味がわかりました。一年経ってやっとです(笑)それだけ私は自分のことをないがしろにしてきたんだなと思っています。

子どものことも主人のことも大切だけど、今は自分の事が一番大切だと思っています。

少し前、私は主人に対して大暴れしました。
ジュディさんの言うように主人は女の方へ気持ちが行きました。私のことを名前で呼んでいたのに呼ばなくなり、目も冷たい目になり、話さなくなりました。でも私は冷静でした。
私には一年の時間が必要だったんだなと思いました。

そして何より私のために大暴れしました。
そして、毎日普通に暮らしました。
「何でそんなにハイテンションなん?」とも主人に聞かれました。
(自分のことを大切だからよ)と思いましたが、「そう?」と流しました。
もう、私は怖くありませんでした。

そして、私のことを「おい!」としか呼ばなくなった主人にも「おいって言われるのは嫌、おいはやめてね。」とか「(女の事で)だから、そういうのは辛いっていってるやん!!」とか自分の思っていること嫌な事を伝えられるようになりました。今まで何で言えなかったんだろう?って感じです。

そして、主人にやっと言えました。
私はあなたの心の中に私以外の女の人がいるのも知っています。あなたも辛かったね。
もうあなたの思うようにしてください。私はそれに従うよと。

ほんとうにどうなるかは分からないし、主人がどうするかもわからない。しめしめって思ってるかもしれない。
でもそれでもいいと。

でも、今、主人は私の横でニコニコ笑い、私が甲子園の高校野球の観戦が楽しかった!と言うと来週末も行こうと計画中。

主人と女の事は正直腹立つ時もあるけれど、それはそれ。と切り離して過ごせる自分がいます。
ほんとうにジュディさんのおかげです。

ジュディさんに伝えたい事が伝わっているか分かりませんが、自分の事を大切にすることが出来るようになりましたって事です(笑)

それと、主人の浮気前はワタシが子供の事ばかりで主人を無視していて拗ねていたと思ったら今は主人を大切にしていると息子が拗ねたり。
なんだ!私、モテモテ(笑)と思える自分がいます。

これからどうなるのかもわからないし、でもどうにかなる。と言うか、どうにでもなれというか。へんな感じです。

あっ!なるようになるって感じです。
こんな投げやりでいいのかな?と思ったりしますが、女の事は主人がなんとかするだろう。という感じです。
こんな感じでもいいのかな?と思ったりしますが。

でも明日も何とかなる。です。

ジュディさん今日もありがとうございました。
またブログ楽しみにしています!ジュディさんの言葉に本当に助けていただいています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

かーこさんありがとうございます。

>あっ!なるようになるって感じです。

それです。委ねるっていうのは。

私も、今後のことは知らんのです。
「夫の気持ちを取り戻しました~!でも明日は知らんです~!」(笑)みたいな。

だって、何の保証も無いんですもの。

頑張らんでいいんです。

ただ、穏やかに、「私はいまこうよ」ってだけ。

かーこさんに、今に生きることを体得してもらえて、とっても嬉しいです。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る