結婚ってなんだろう?

答えの無いというか、無数の答えを含む問い。
周期的に?考えてしまうテーマです。

先日ね、故ダイアナ妃の特集TVを観ていて、チャールズさんと別れてしまったのは、「熱烈な恋じゃなかったから」というようなことを確か彼女は言っていたと思うのですが、

私自身は、最初主人とは全く熱烈じゃないし(ていうかお見合い)、だから今も結婚と熱烈は全然関係ないと思っている派なのです。

もちろん、熱烈否定じゃないよ。
それもアリだよね。

「熱烈だったら別れないはず」っていうダイアナ妃の考え方もスゴイ素敵だなと思って。彼女らしい。

別れるかどうかというのは、そこは私は運命論者になってしまうのですが、人生全体がもう神からの授かりもの的な考えですから、出会いも別れも結局良い事なのではと考えています。

でもこの考え方もまた変わるのかもしれませんが。

いま一番お気に入りなのは、やってきた現実は「自分を許すための出来事」だということ。

許したい自分がいるから、いつもそこに繋がるような出来事がやってくるのだと思うのね。

だから、離婚→ダメじゃん

結婚できない→ダメじゃん

子供居ない→ダメじゃん

では全くなくて、

というか、ダメかどうかという枠組みと全く関連が無いのよね。

そのことを通じて、「自分」のところに自分が戻ってくるシステムのような気がして。

現実は自分が放つ自然のアラームなのよね。

帰っておいでよ、自分のところに。

そして、また満たされて旅をしてきてね、というシステムなんだろうな、きっと。

出来事を受け入れるのは難しいのかもしれないけれど、生きることは心易くなんだと思う。

あなたに易しい生き方に、いつでも戻ると良いと思うよ。

 

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから