ある日突然別れたいと切り出される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある日突然別れたいと切り出される。
よくあるお話です。

ご相談でもよく戴くのですが、ご本人に一切自覚が無いことが多いのがこのパターン。
私もついやってしまうこと。

それは、我を通すことです。

これってなかなか自分では気づきにくいのです。
だって、こうするほうがいいと完全に信じきっていますから。

誰が考えたってこの方が良いに決まっている
というのが、コミュニケーションの大敵です。

愚痴は小出しにしよう
言いたいことは我慢しないで
ちゃんと自己主張しよう
男女平等

そういうことと何が違うのか?っていうとね、
良いと思って我を通しているのは、他者を拒否しているからなんです。

我慢せず、言いたいことを言って夫婦円満な家庭は、ちゃんと相手の意見を聞いています。
でも、我を通す場合はそうじゃない。

これが正しいでしょ、当たり前でしょという正論で押し付けています。

正論って役に立たない時もある。
その大体は、『自分の本音じゃない』から。
だから受け取ってもらえないのです。

でもお互いのために通す我は、信頼の証。
協力する形。コミュニケーションになる形がそう。
このほんの少しの、でも結果が大きく違ってくる差。

部屋を片付けてほしい
要らないものは捨ててほしい
子供にもっと関わってほしい

これの何がいけないの?と私も思っていました。

いえ、いいのだけれども、そこに相手の入る余地があるかないかで、心の距離は近づいたり離れたりします。

部屋は綺麗な方が良い
確かにそう。

でもタイミングとか、できないこともあるとか、そういう「余裕」を持つことで事態は変わってきます。
寛容さとも言いますね。

その『我』を通したとして、結局最後に何が残るのか?って考えたときに、いわゆる『お一人様』になるなぁって。
そう想像できたわけです。

正しいからという理屈で寛容さを失わないように、何より、そう在りたいと強く思うのです。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る