辛い時の回復方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人や状況が思うようにならないのは、自分を思うようにしてあげていないから。

こんにちは!ジュディです。

昨夜は主人と吹奏楽を聞きに出かけてきました。
思ったより寒くなくて助かりました。

日曜だからか、イブなのにそんなに人は多くなくて。
みんなお家でパーティーしているのかな?
来年はうちでもそうしようかなと考えています。

今年は割と引きこもりがちに過ごしたので、穏やかだったけれど、なんかつまんないな~という感じで。

でもつまんないっていうのは、実は自分でつまらなくしてあげていたからで、もっというと、『自分のささやかな願い』を却下し続けてきたからなんですよねー。

なんかめんどくさーってなっちゃうんです。
それで?ってなっちゃう。
無精です。

でもやっぱり無精はいけないですよね。

なんてったって自分を好きじゃなくなる。←コレ。

自分を好きじゃなくなるってことが、うまくいかない最大の原因なのです。

だからね、なんかうまくいかない!ってときには、真っ先に自分を好きになるように、自分の言うことを聞いてあげてください。
そうすると、ハートに元気が戻ってきます。
で、いきいきし始めるんです。

自分が何を言っているのか、心の声が聞けないときは、単純に二者択一にするのね。

好きか嫌いか

気に入るか気に入らないか

面白いか面白くないか

キレイか汚いか

セクシーかそうじゃないか

・・・

どっち?って聞くのね。

そうすると、「こっちがいい!」って、子供のように答えてくれます。

はっきり答えなくても、「なんとなくやだな~」っていうのでもオッケー。
それって間違っていないんです。←これ重要。

そう、心の声は間違えないんです。
すごいでしょー?

そういう心のコアな部分って、誰でも持っています。
だから、迷った時、分からない時、辛い時、苦しい時は、まず自分を好きになるために、心の声を聞いてください。

ほんの些細なことでいいんです。

その食べ物が好きか嫌いか。
そのテレビ番組が見たいか見たくないか。
その椅子に座りたいか座りたくないか。

それだけで、心の元気は回復していきます。
私は辛い時、いつもそうしています。

まず試してみてくださいね。

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る