愛されている?

愛している?

愛ってなぁに?

「ノリ」ですよ。

こんにちは。ジュディです。

今日は出かけようと思っていたら、お天気が良いもので、お洗濯と布団干しを優先させちゃいました☆

何気ない日常も、大切な一日。
誰も見てくれなくても、褒めてくれなくても、今ある暮らしに満足するのが正しい流儀。(私的に)

それとちょっと関連があることですが、最近、「落ちない」コツをつかみ始めていまして。

去年のこの記事の続編になりますが、それがやっと分かってきたというか、いま体感を得ることに精進しています。

落ちる時って、「考えちゃっているとき」なんですよね。(考えるの大好きなのでね)
疑いとか、自分でつっこんじゃったりとかで、なかなかハッピーが続かないんですよね。

「笑顔が続きません!」とか、「自分の好きなことをやっても主人が変わってくれません」とか、そんな感じのことも含めて全ては【怖れ】から来ています。

夫婦再生にいそしんでいるとき、ちょっとでもその【怖れ】に引っかかってしまうと、たちまち過去に引き戻されてしまう。
時には悪化させてしまうことも。

私の場合、その当時は「怒り」が頂点越えしていたので、力技で乗り越えたような感がありますが、でもやっぱり貫き通せたのは(結果を)考えないからだったのでしょう。

分かりやすいたとえで言うなら、

歌を歌う
楽器を演奏する
自転車をこぐ
水泳をする
・・・

みたいな感じ。
これって、やっている最中はあまり「考えてない」でしょ?

まぁ、発表会とか、競技となると緊張もしているでしょうけれど、カラオケ歌ってて途中で止めないよね?(笑)

自転車乗ってて、こぐのを止めたら倒れちゃいますよね。

それと一緒です。

そういうと、「これっていつまで続ければいいんですか?」ってときどき聞かれるけれど、それもあまり問題じゃない。
しいて言えば、「飽きるまでどうぞ」です。

「いや、それでも怖いです!」って言われそうだけど、それはね、【原因】と【結果】を固く結びつけ過ぎているからなんだよね。
それね、知識として覚えておいて。とりあえず。

「したこと」と、「結果」は必ずしもつながっているわけじゃないということなんです。
完璧を目指さないでね、って私もよく言いますが、完璧なことなんて無いですから。

だから「歌っている」最中に「考えない」こと。これが大事。

みんなねー、考えちゃうから「あらら」ってなっちゃう。

考えない。考えない。意識をはるか向こうへ飛ばしてください。
考えたって、いい結果はやってこない。

ノリにのっていた方が、はるかに良い結果を得られます。

考えそうになったら、ノリノリで歌いまくってくださいね。(笑)

 

 

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから