人それぞれの勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アドバイスって好きじゃないんですね。
それって大抵的外れだから(笑)

「私はこう思うよ」っていうのを書くのは自由だし、読むのも、また参考にするのも自由。
発言者と直接は関係なくとも、その言葉を自分のことの理由に持ってくるのも自由なんだと思います。
「ちょっとパクってみた」っていうのもアリです。

私自身も車内吊りで見かけた広告の言葉とか、TVでたまたま観たどこかのオジサンの気持ちとか、そういうの日々いっぱいいただいています。
大抵は勇気づけに使っていますけどね。
でもすぐに忘れちゃう(笑)

そんな自分勝手な偶然を味方にしていくと、いつでも勉強のタイミングだし、起こったことはそれで完全なんだと思えます。
完全っていうのは、それでいいってことね。
自分にピッタリなタイミングだったということです。

昔はよく他人と比較して、自分はダメだな~とか考えていたんですが、それ無意味でした。

人には人の転機があります。
その内容に上も下も無い。

50歳で初恋してもいいし、60歳で離婚しても全然問題ない。
70歳で「人の御恩をあだで返していましたー!」って気が付くのも素敵です。
それはその人にピッタリなことなんです。

現実的には「どうしよう」ってなるけれど、私流にいえばそれは、「周りを見てみる機会が訪れたんだな」と。

困るときって、周りを見ていない時なんですよね。
周りの「人」を見ていない。
関心が無くなっている時なんです。自分だけの視野になっている。

困っている時って余裕がなくなるものですが、でもそこをよいしょとこらえて、周りを見る。

そうするとね、不思議なことに誰かが助けてくれるんですよ。天使がやってくる。
あるいは図々しくなれる(笑)

それが自分超えポイント。
成長ポイントですね。

成長のポイント=勉強のタイミング=自然の摂理=チャンス
な感じ。

出来事って、ただの「きっかけ」です。
それを不利にも有利にもできます。
未来は決めつけなくていいんです。

いつだってどこにだって「循環」のスタートはあります。
それを拾うかどうかだけ。
世界をぶんぶん振り回していきましょう。(^^)

 

 

ある日ふとした好奇心から、主人の携帯メールをこっそり見てしまったのがすべての始まりでした・・・。 ジュディの「ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法」テキスト はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る