冷え切った夫婦

「こうしたら?
ああしてみなよ。」

「うちはね、もうそんなレベルじゃないの。
冷え切って会話も挨拶もないの。」

悩みをいろんな人に言うと、いろんな風に答えが返ってきます。

でもどんなアドバイスでももうダメと思う。

そうだね、そんなときもある。

でもそんなときでも脳はサボる(笑)

笑い事じゃないけど、ほんと、脳はサボります。

何をって?

観察をです。

アドバイス通りにやってみた。
それでもうまくいかなかった。

実はそこには大きな落とし穴があって。

アドバイス通りにやってみるというのは、「ある期待」を持ってやってみるということですよね。

で、その期待が大きければ大きいほど、現実は見えにくくなります。

こういう結果が欲しいと思えば思うほど、そうじゃなかったとき、ほんの些細な違いや動きは無視されます。

そこが突破口なのにね。

観察というのは、本当に我欲を捨てて、くもりのない目で見ること。

一番の観察の対象は、実は「自分」なんです。

自分はどう感じたか、どんな気分なのか、みんな無視してる。

「助けて!」って自分から言われているのに、気が付かないんです。

いえ、もっと正確に言うと、「気づかないようにしている」です。

自分の本音や欲求に気が付くことは、「危険」だと思っているからです。

その主な原因は、「母親と離れること」です。

この辺は専門的になるので難しいですが、

「母親の心配をしていた方が安心」という心理的なからくりに縛られているだけなのです。

私も当初、「?」でしたが、実はそうだった(笑)

お母さんでなくても、人はみな、不安なんです。基本。

それは身を守るためなのですが、それが過剰になることや、パターン化して抜けられなくなるんです。

だから、それを直すには、「チャレンジ」しかないんです。

少しのリスクにチャレンジして、現実世界で自信をつけていくしかないのです。

だから、「一番やりたくないことをやる」っていうのが、一番効く(笑)

私の場合は、親との関係をフラットにすることでした。

そこを直したら、世界が直っただけ。

そう、冷たい関係も消えるんです。

でも難しい、どうしても無理なときにパートナーと仲良くなりたいときは、テキストにも書きましたが、相手(男性)の「行動」を認めることです。

それだけでもパートナーの態度は軟化します。

自分が思うより、男性は素直なので(笑)試してみてね。

ーーーーー

さて、先日もお伝えした通り、当サイトは9月20日をもって終了したします。

浮気させない!ラブラブ夫婦が使っている魔法のコミュニケーション法

販売終了まであと22日です!
20日以降はアクセスできなくなりますので、うまくダウンロードできないなどのトラブルを避けるため、お早めにお申し込みください。